育毛・髪質改善・薄毛予防

この記事は約2分で読めます。

編集中です

髪の悩み

髪の毛は整っていると気分が良くなり、髪に悩みがあると憂鬱になりますよね。

髪の悩みでは大きく分けると

  • くせ毛
  • 薄毛
  • 白髪

というのが多くあると思います

その悩みも、白髪とくせ毛が悩みである場合には年月が経つにつれて薄毛の悩みが増えるのパターンが多いです

近年では白髪や、癖毛でなくても、女性も薄くなる脱毛症も増えています

髪質改善・薄毛改善

髪質改善メニューというメニューが美容室にはあります

改善というと、主に悩みは癖毛に対しての事になると思います。くせ毛は元々の遺伝などであるくせ毛の場合と、カラーや日ごろのお手入れ、老化その他の原因によりくせ毛になる場合があります。

チリチリ乾燥してもわっと広がり、パサつく、大きくうねるなどで艶がない状態。

くるっくるっのくせではなく、乾くと広がるような状態

髪は髪の表面はキューティクルという層でおおわれていますが、その層が外因的要因、内因的要因で乱れた状態ですと、うねりが出てしまいます。艶もなくなります

その状態にトリートメント成分で補い、髪に潤いを与えてキューティクルを整えることで、髪をコーティングして艶を出しうねりを抑えることができます。

そのようなトリートメントのメリットは、艶があってきれいに見えるし、まとまりやすくもなります。

大体もちは1か月持つか持たないかになるかと思います。

うねるというよりもわっと広がる場合には、縮毛矯正より髪質改善のトリートメントでもよいのかなと思います。

カラーと同時にできるタイプもあるので、時間短縮になりますし

お手入れが楽になることで、今後のダメージも抑えることができます。

ウエーブが出る、表面のチリチリ、かなりうねりが強い場合で、癖毛として生かせない時は

いっそうの事、縮毛矯正にしてしまった方が良いです。

ウエーブの場合ボリュームは抑えられても、癖が取れるわけではないので結局毎日のブロー時間が長くなり、髪が余計に傷む、だけではなく、長期的に見て薄くなるリスクもあります

半年に一度や、1年に3回ぐらい、1年に1度だけ縮毛矯正で持つかと思います

使うものや習慣を変えることで癖毛が収まることがある

編集中続き

menu・料金→♡